スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渦流の国の少女2014続編メモ1

「スラブタルフィーギの襲撃」(仮・メモ)

もしくは「スレイブフィーギ」

存在しないと思われていた「人間」たち部族からフィギュア人間への攻撃。

両者は戦争状態へ突入。しかし、あまり不明瞭な点は多い。

物語は戦争渦中から始まる。

例によって、地球外宇宙人の力なのか、ホモサピエンスの「人間」の復活に成功、しかし、それを促した支配層のフィギュア人間たちは彼等を奴隷兵として仕立て上げる。

圧倒的な宗教的威圧感を持って支配するその部族を「スラブタルフィーギ」と呼ぶ。

そう、地球規模の部族、豪族争いレベルなので、国家単位まではいかない。

それはある種幸運なことなのか、異星人の監視下にある為なのか。


あれからようやく自立したフィギュアの元素子は、彼女の特殊性と元大豪族の娘であることもあってか、父のゲーテットコミュニティーに呼ばれ、ゲートガーディアンの一員にされてしまっている。


「スラブタルフィーギ」との戦いの中、元素子は「スラブタルフィーギ」のある奴隷兵の少年と出会う。
スポンサーサイト

テーマ : 創作・オリジナル
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

tobofu

Author:tobofu
http://d.hatena.ne.jp/tobofu/
でアニメ感想系まがいのことをやっていますが、こちらはオリジナル創作漫画、小説の発表用のブログです(時間がないときや事情によってはアイデア、プロットレベルのものを提示するのみ、になってしまうかもしれません)。
その他総合的なプロフィールはhttp://www.geocities.jp/tobofu/
参照。

最新記事
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Twitter(創作用)
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。