スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/10のツイートまとめ

atobofu

やっぱり、こもってうだうだやってるより(作業中に入ってしまえばいいんですが)、ネーム段階ではアニオタ⇔創作頻繁に行きかうのがいいのかも
07-10 22:31

夏の新番組を久々に見ていたら、じぶんだったこうするな、ということで多少モチベーションがあがってきたした
07-10 22:29

「イヴの時間」の戦略的成功も、ユーストリームに対抗(?)してニコ生始めたり、ほぼタイムラグなしでアニメ新番組の配信を公式でやったり、ニコ動はテレビ局を目指してるという噂はあながち嘘でもないんだろうなあ
07-10 21:44

最近のニコ動もよく分からんのですが(音楽系とか)、昔から相変わらずネタものでまとめてるようなものが多いですね。それしか出来ないような気もするんですが。受け手もまあ、一つの動画でも5~10分くらいの短いものが見やすいというのがあるでしょうから、それもやむなしといったところなのかな。
07-10 21:15

4コマなり一枚マンガでさらっと描ける人には合ってるとは思います。あと一ページで収まる短編小説とかはあってると思います。ただ内容的にはネタものというか、あるあるネタが多い気がします。少なくとも自分のみた範囲では
07-10 21:00

創作用のブログのアクセス解析見てるとぽつぽつとですが、人が来てたりするので、悪いなあ、と思いつつ、「ブログ」の性質上、長文の小説なりマンガなりを発表するには不向きなのはもう10年くらい前に承知していたことではあります
07-10 20:55

というわけで、今となってはどうしようもないので、絵でもなるべくがんばるけど、キャラの肉づけは文章の方がやりやすいんだようなあ
07-10 20:42

当時バブル期だったんでね、やっぱり流されちゃったんだよね
07-10 20:40

自分も安易にそういう風潮にミーハーに乗ってしまったのだけでれど、長年プロでも同人でもいいけど、長くやっていくにはその時点で熟考すべきだったんだけど
07-10 20:39

80年代頃は他人にもよるけれど、どちらかというと、キャラ絵=キャラの感情表現を表すもの(そういう一面もあったと思うけど)、個人的な印象としては、キャラ絵の時代に合った技術表現の進化にその当時は未来を感じたし、ワクワクした
07-10 20:37

ここ約二十年くらいの世間の変化でビジュアルでキャラの感情を表現することをより求められるようになって、だんだんに記号論で十分だと思っている自分にとっては肩身の狭いことで
07-10 20:30

自分の絵の基本は古臭くて、手塚の記号論が染み付いてるからなあ。絵、あるいはキャラの表情で感情を表すのは苦手なんだよなあ
07-10 20:27

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobofu

Author:tobofu
http://d.hatena.ne.jp/tobofu/
でアニメ感想系まがいのことをやっていますが、こちらはオリジナル創作漫画、小説の発表用のブログです(時間がないときや事情によってはアイデア、プロットレベルのものを提示するのみ、になってしまうかもしれません)。
その他総合的なプロフィールはhttp://www.geocities.jp/tobofu/
参照。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter(創作用)
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。