スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「渦流の国の少女・ヒトノカタチ編」 第二部「うづる帰還」(2)

日差しが十分高くなって、とりあえず当面は危険はないと知ると、元素子は工房のテラスに出て、渦流弾の流れを眺めていた。

この激流が自然現象なのか、故意に起こされたものなのか。流れが工房を避けて通るということは、自然現象とはとても思えなかったが、そう元素子が感じた瞬間、「誰か」が彼女の思考を読んだかのごとく、工房の屋根を一つの渦流弾がかすめて、工房全体が揺れた。

すっかり気を抜いていた元素子は、転びそうになりながら、窓枠につかまり、体を支えた。

「おう、大丈夫か」

そのまま顔を上げると、仕事場の窓を開けて中から顔を出しているスカラの姿が見えた。

「こりゃ、なんの嫌がらせだ。お前狙いか」

スカラからすれば冗談まじりで言ったつもりだったのだが、このとき元素子はいつもの悪い性分で、まじめに受け取ってしまった。

「違うみたいですけど…試してみましょうか」

いちいち意地を張って、大人げない。
だからかわいくないって言われるんだ。

元素子はそう思いつつも、後には引けない。複数のシールドを両手で転がしながら、渦流弾の流れにあえて飛び込んだ。

「おい、ムチャするな!」

おそらく平気だろうと読んではいたものの、元素子は怖くて思わず目をつぶってしまった。

衝撃はなかった。予想通りだった。目を開けると渦流弾は律儀に元素子をよけていく。

すぐに工房に戻って、
「やっぱり、あたし狙いでもない、みたい」

「お前がこないだ手に入れた渦流魂の力か?」
「わかりません。そんなに強い力を持ってるとは思えないし、むしろ『向こう』が相手にしてないっていうか」

そのとき、元素子はスカラと会話してるテラスの端から、工房の反対側の渦流弾の流れが見え、その中に日の光に反射する金属片のようなものが混じっているのを見た。

瞬間、ドウウッ!と明らかに渦流弾とは違う爆発が工房の至近距離で起こる。

「スカラさん!なんですか、あれ!」
「ミサイルか!」
「ミサイルってなんですか!」
「あんなものまで使うとは、少しは本気らしいぞ!中に入れ!」

元素子はスカラに窓から部屋の中に引きずり込まれた。
そのタイミングをはかったように二発目が今度は二人がいた側のテラス近くで爆発した。

「伏せて!」
誰かの声がした。スカラではない。

窓を閉める余裕がなかったから、爆風が仕事場の中に入ってきた。周りのものが吹き飛んだが、部屋自体は無事だった。

見知った顔の少年が、閉め忘れた窓を塞ぐようにして物理障壁でミサイルの爆炎を防いでいた。

元素子が工房から家出して、あるコミュで出会った異星の渦流魂のヒトだった。
あのときと同じ少年のフィギュアのままだった。

「…あなたは」
「意外と早くまた会えたね」

「誰だ、お前は」
スカラは少年の顔を知らない。

「話したでしょう? ええっと」
元素子は顔は知っているが名前は知らない。

「カズウィーウ。僕の名前だ」
「カ、カズー…」
名前の最後の方は特殊な発音でよく聞き取れなかった。

「カズーでもいいよ、来た、三発目だ、外に出て!」


元素子とスカラとカズー、工房の外に出る。

ミサイルは直撃はしなかったものの、工房のテラスの一部を吹き飛ばした。一番後ろ、工房側にいた元素子が物理障壁で衝撃を防ぐ。防ぎながら、三人は工房近くの塹壕に身を伏せた。

とりあえず落ち着いたスカラはカズーに詰め寄って、

「貴様の仲間がやってるのか!弁償しろよ!」
「違いますよ、むしろ逆だと思うけど…」
「カズーさんはなんでまた戻ってきたんですか?」
「僕らの仲間の恒点観測員がこの星に向かってる渦流魂の軌跡を見たんだ。『トフボフの渦流魂』に間違いないそうだ」
「トフボフ…うづるか!」
「だから、君たちが『うづる』と呼んでるその渦流魂に僕も興味があって…」

カズーが言い終わらないうちに、元素子は工房へと駆け出していた。

「おい、あぶねえぞ!」
「大丈夫です!うづるさんの新しいフィギュアいるでしょ!」

嬉しそうな元素子。

「…そうか、来るか、あいつ」
スカラも同様に嬉しそうだった。
スポンサーサイト

テーマ : 創作・オリジナル
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobofu

Author:tobofu
http://d.hatena.ne.jp/tobofu/
でアニメ感想系まがいのことをやっていますが、こちらはオリジナル創作漫画、小説の発表用のブログです(時間がないときや事情によってはアイデア、プロットレベルのものを提示するのみ、になってしまうかもしれません)。
その他総合的なプロフィールはhttp://www.geocities.jp/tobofu/
参照。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter(創作用)
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。