スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回作ちまちまと開始

とりあえず次にやりたいことは見つかった。

今年の後半から12月まで(まだ残ってるのあるけどね)アニメ、本やらポッドキャストもの、インターネットラジオとか、普段観たり読んだり聴いたりしているのに加え、芝居やら映画やら声優イベント関連とかね、好き嫌いにかかわらず手当たりしだいに方々予定詰めて行ってたら、案の定、気持ちはまだしも、体がついてこなかった(笑)。さすがに歳ですわ。

まあ、予想どおり薄々気がついてたんだけど、でも、自分はあちこち動きまわって刺激を受けないとネタが降りてこないタイプなのが今になってようやく分かってきた、というかそれで観念したので…仕方ないのですよ。

そのかわり、十分ネタになるものは意外と収穫出来ていて、いまプロットまとめ中。

モチーフはおぼろげながら見つけた。

ただ、それを前回(渦流)のようにそのまま出さないようにしよう。少しは他人が読んで面白いものにしようと思っているので、漠然としたモチーフの具体化とドラマへの組み込みに四苦八苦中。

それから昔からの手癖でつい世界観(設定)ばかり凝ってしまうのだが、今回はよりキャラの方を先に作ってます。

何人か作って、かれらの関係性で動かして、やりたいモチーフも消化できたらいいかなと思うんだけど。


媒体はもう単純に「小説」です。もうめんどくさいことをする余裕はないので。マンガとか無理です。

ジャンルは「現代劇」です。自分でハードルあげてます。

構造はもはや王道テンプレの藤子もの、異生物同居パターンにしようと思ってますが、

何せ主人公(たぶん準主人公かな)が30代女子中堅どころのライトノベル作家、ということにしたので、需要があるのかどうかw

まあ、そこは真の主人公の異生物(もちろん女の子・小学生くらい)でなんとか、みたいなねw

もう一人、ライトノベル作家の姉より先に死んでもういない、オタクの資質はあったのにオタクになれなかった弟の残した謎。

だいたいその三つが今回のキャラ的な核だと思います。

ネタ的には、主人公の一人を30代女子ライトノベル作家にしたのは、書き手の自分が、2000年代のアニメについて感想ではなく創作の形で書こうかな、とか、オタク話に関しては「俺妹(略)」について思うところがいろいろあるのでそこらへんを。

そのあたりは表層的なネタ的なつかみであって、本来やりたいと思ったモチーフは、

まだ読み終わってない「リーンの翼」とか、
結果的に観てよかった「ギャラクティカ」とか、
長々と付き合った小説「電脳コイル」だとか、

それぞれで思ったことを、表層ネタと含めてかき混ぜて熟考させて何とか形に出来ないか、と思ってるしだいです。

さらに最後に今回の作品は前作、「渦流の国の少女」と同じ世界観であるという、ネタバレなのか謎なのかよく分からないことを指摘して終わりたいと思います。

現代劇なので、流行の流れが早すぎる昨今、おたおたしてると一気に流されてしまう、書いてる本人も飽きてしまいそうなので、テンポあげて書きます。そのため短編になるかもしれません。

前回の小説版も短編だよ、と言われてしまばそれまでですがw
スポンサーサイト

テーマ : 創作・オリジナル
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

漫画も小説も俺的にはすげえたのしめました!
ゆっくりおまちしております。

No title

どうもありがとうございます。
絵はあまり描けませんが、ゆっくりやりたいことをやっていくつもりです。
プロフィール

tobofu

Author:tobofu
http://d.hatena.ne.jp/tobofu/
でアニメ感想系まがいのことをやっていますが、こちらはオリジナル創作漫画、小説の発表用のブログです(時間がないときや事情によってはアイデア、プロットレベルのものを提示するのみ、になってしまうかもしれません)。
その他総合的なプロフィールはhttp://www.geocities.jp/tobofu/
参照。

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Twitter(創作用)
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。