スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラックスが来た日」(プロットVer.2)

ポジティブバカの絵に描いたような女子高生、日向(ひなた)理奈。

引きこもりの男子高校生、幸希(こうき/名字未定)。

幽霊の少女(まのん・自称・見た目中学生くらいか、高校生でも子供っぽい感じ)。

幽霊の少女を生んだ(放射能汚染を過剰に意識しすぎて堕胎した)女。

黒猫。姿に似合わずオッサン声。悪魔。本名不明だが、「ラックス」と呼ばれている。
「ラックス」は「ラッキー」(幸運)もじった名。
やることがいつもねじれて幸運を引き寄せてしまうため、そう呼ばれている。
本人は快く思ってない。

3.11があった世界となかった世界が、黒猫とまのんとの存在を媒介にして混線している。

理奈は3.11がなかった世界から(3.11世界では津波の被害で死んでいる。両親は無事・東北)。
幸希は3.11があった世界(関東)。

幸希は3.11以降、急性の引きこもりになる。そして幸希しか見えない幽霊の少女、まのんが現れる。

まのんと黒猫は顔見知りの天使と悪魔であり、理奈は黒猫に導かれ幸希の世界へ。

3月上旬、理奈は友人ふたりと下校後、あるトンネルを通って出来たばかりの大型ショッピングモールに行く途中だった。家に帰るには遠回りになる。

そのトンネルは有名な心霊スポットだが地元民はバカにしている。

理奈はトンネル内で黒猫に会い、黒猫を追ってトンネルをぬけるうちに時空を超えて、春先の東北から、3.11震災が起こった夏の関東に一気に出る。

黒猫は3.11世界で説得も契約もせず楽に地上で彷徨っている震災で亡くなった人間の魂を手に入れる。悪魔は一回ごとに一つの魂しか手に入れられず、悪魔の世界に提出しなければ次の魂は手に入れることができない。

ある意味、悪魔にとっては震災は棚ぼただったのだが、悪魔の世界にもルールがあってそれが認められるかどうかはわからない。

黒猫が手に入れたのは3.11世界で死んだ理奈の魂だった。
その結果、かどうかはわからないが、3.11がなかった世界の理奈と出会い、二つの世界が混線する。黒猫も、事態がどうなっているのか分からない。


幸希の両親は震災の影響で職を失う危機に陥っており、家庭崩壊寸前。
だから、幸希が引きこもっていても放置されている。

(幸希の隣の家の主人は某電力会社の社員であり、3月中頃に一家総出で夜逃げするように出て行ったきり未だに戻っていない。幸希の父親は生真面目にもかかわらず不運な人間で、その隣人対して引け目を感じているらしい、というのを息子である幸希自身も感づいている)

そこになんの脈略もなく幽霊の少女、まのんが現れる。
まのん自身は自分の素性については名前以外何も言わない。

まのんの出現は幸希が望んだものでもない。が、幸希(安全厨でも危険厨でもなく破滅厨)にとっては引きこもりになった原因、震災と原発事故で、終わりそうで結局は終わらなかった世界に対する苛立ちを、まのんと接している時には意識しなくて済んでいたから、まんざらでもない。

見方を変えれば、まのんは「呪いの女」でもある。

理奈と黒猫、幸希とまのんが出会った時、まのんの素性が明らかになるかもしれない。
一応まのんは天使、悪魔である黒猫と顔見知りである、という設定だがそれがそのまま活かせるかどうか。

理奈と黒猫、幸希とまのんが出会って、 理奈も幸希と同じくまのんが当たり前に見え、すぐ馴染む。

幸希は黒猫の震災棚ぼた発言を聞いてキレ、黒猫の腹を蹴る。

理奈は3.11世界の自分の両親にケータイで連絡を取ろうとするが幸希に止められる。

理奈は単純に3.11世界の自分の両親を安心させたいと思った上での衝動的な反応なのだが、それは「優しさ」なのかどうか。

等々のドラマがあり、

いろいろ知りすぎた上でシニカルになっている幸希が、何も知らないバカゆえの理奈の明るさ、ポジティブさに強引に引かれて変わっていく、かどうか。

つまり両極端の二人が接触することによって、その中間で何が発生するのか。

安易な希望(あるいは絶望)ではなく、たぶん現実認知で終わるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 創作・オリジナル
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tobofu

Author:tobofu
http://d.hatena.ne.jp/tobofu/
でアニメ感想系まがいのことをやっていますが、こちらはオリジナル創作漫画、小説の発表用のブログです(時間がないときや事情によってはアイデア、プロットレベルのものを提示するのみ、になってしまうかもしれません)。
その他総合的なプロフィールはhttp://www.geocities.jp/tobofu/
参照。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter(創作用)
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。